若ハゲを克服するコツ【髪は自分でまもる君】

男性

副作用の可能性

男性

近年、AGA治療薬としてプロペシアが注目を集めています。現在では、世界60カ国以上の国で承認されている内服薬です。医者が処方する薬の中で男性型脱毛症用薬いわゆる、AGAの治療薬ではプロペシアが初めての薬です。プロペシアの主な成分は、フィナステリドといわれる化学物質です。元々、フィナステリドは前立腺肥大の薬として開発されていました。ですが、開発段階でフィナステリドを服用した被験者の髪が生えたと言うことをきっかけに男性型脱毛症用の薬(AGA治療薬)として利用されてるようになってきたのです。AGAの主な原因は、ジヒドロテストステロンと言われる成分です。胎児期から思春期までは男性にとって大切な役割を果たすのがこのジヒドロテストステロンと言われる成分です。ですが、思春期以降ではAGAを始め、前立腺肥大、体毛増加、ニキビなどを悩ませる原因となるのです。プロペシアは、ジヒドロテストステロンの生成に必要な5α-還元酵素の無力化するためジヒドロテストステロンの生成を制御することが可能です。そのため、AGAに効果があるといえるのです。

プロペシアには、いい効果だけがあるわけではありません。強い副作用があるため、服用するときは注意が必要になってきます。プロペシアを服用して、重大な副作用の1つが肝機能障害です。もし、肝機能障害が見られる場合は、処方を受けた病院に相談することが大切でしょう。その他にも、リビドー減退や勃起不全などの副作用も確認されています。この様な、副作用が見られたら直ぐに薬の服用をやめて病院で相談することが大切です。